薪ストーブ

みなさんはどんな暮らしをしたいと考えていますか。

冬でも暖かい暮らし、自然と人が集まるくらし、好きなものと共に過ごす暮らし、環境によい暮らし
みなさんそれぞれに憧れる素敵な暮らしがあるのではないでしょうか…

その中で私たちが提案するのは「火のある暮らし」です。
火は明かりを灯し、暖を取り、調理するなど昔から人々の暮らしを支えてきました。
また火の揺らめきは不思議な力で人の心を癒したり安らぎを与えてくれます。

冬は薪ストーブで暖を取り、火の揺らめきを感じながら家族や仲間と過ごす毎日、
暮らしが豊かなものへと変わっていくのではないでしょうか。
私たちは、あなたが描く「火のある暮らし」のお手伝いをします。

なぜ、薪ストーブなのか…?

薪ストーブの魅力は一つではありません。
あなたの薪ストーブを選ぶ理由や意味、そのヒントになればと思い、薪ストーブの魅力をご紹介します。

1. 冬の暮らしがとても暖かに、空気もきれいに!!

薪ストーブの暖かさを味わった事のある方はお分かりになると思いますが、薪ストーブはとても能力の大きな暖房器具でエアコンやファンヒーターとは比べ物にならないくらいの大きな空間を暖めることができます。薪ストーブは、ただ部屋を暖める他の暖房器具とは違います。赤外線による輻射熱の効果がとても大きく、まるで日向ぼっこをしているかのようにじんわりと染み渡ってヒトの身体を直接あたためてくれます。ヒトだけではなく、床や壁や天井といった建物の内側も同時に暖めてくれます。なので「どこにいてもあたたかい」という人が多いのも薪ストーブの効果のあらわれなのです。そして薪ストーブは空気もきれいにします。空気を使って薪を燃やす薪ストーブ、家の中の空気を循環するだけでなく、空気中の粉塵なども一緒に取り込み燃焼させることが可能なので使用中には、室内の空気を綺麗に保つことができます。

2. 炎には癒しの効果1/fゆらぎ

普段、何かを心地よいと感じたり、心からリラックスする事はありませんか?自然界には多くの「ゆらぎ」が溢れています。私たちの心臓の音、ろうそくの炎のゆれ、波の音、雨の音、いずれも一定のようで実は予測できない不規則なゆらぎがありそれが「1/fゆらぎ」なのです。たとえば水の流れる音を聞くと何だか心が落ち着いたことはありませんか?そのメカニズムも「1/fゆらぎ」なのです。その中にいると人は無意識のうちに癒されていると感じるようです。薪ストーブの中で燃える炎、これも同じ自然現象による癒し効果があります。
だから人は、火のある所に集まり、火を囲み自然と心を開き、なんだか素直になれるのでしょう。近年、人気の高いキャンプやバーベキューといったアウトドアの醍醐味の焚き火も、なんとなく惹かれて安らぐ理由はそこにあるのではないでしょうか。

3. もしもの時に役立つ命を守る備えに

大きな災害は、いつやってくるか分かりません。雪の降る寒い季節に停電に見舞われるかもしれません。薪ストーブが家に備わっていれば、火が闇を照らし、煮炊きをし、体を温め、心を落ちつかせてくれ、大切な拠り所として人々が集まってきて、困った時にきっと役立ちます。
大袈裟かもしれませんが、もし真冬に停電やガスの供給停止になり、灯油やガソリンが手に入らなくなったら、家族や周りの人の命を守ることができなくなるかもしれない、そんな緊急事態に対応できる薪ストーブは必要ではないかと思います。

4. エネルギー変換効果が高い暖房器具

薪ストーブは、自然エネルギー、再生可能エネルギーを活用したクリーンな暖房器具です。そしてエネルギー変換効率もずば抜けて高いのです。電力が発電される時の、総合的なエネルギー変換効率はわずか40%未満のようです。石油やガスなどの化石燃料の保有エネルギーのうち60%は無駄に大気中にばらまかれていることになります。原子力発電はたったの10%というドイツの数字もあります。家庭で使われる石油ストーブのエネルギー変換効率も40%前後とのことです。それでは化石燃料を使わないという点でクリーンなエネルギーと言われている再生可能エネルギーによる発電はどうでしょうか。一般のご家庭にも普及が進んでいる太陽光発電は20%前後、大規模な設備が必要な風力発電は30%前後、最も効率の高い大小の水力発電では80%前後になるそうです。では、薪ストーブはというと環境基準による認証機関でのテスト結果では、80%前後のエネルギー変換効率があることが証明され、各機関に認可されています。水力発電とほぼ同じく、とても高い効率です。ただしこれは、ひと括りに薪ストーブだからということではなく、科学的に薪の燃焼を分析するなど環境性能を重視する薪ストーブメーカーが性能を引き上げてきたから効率が高くなってきたのです。

薪ストーブをローテクな物だと考える人もいますが、決してそんなことはないと思います。
今や薪ストーブはハイテクを駆使して開発され、高い品質管理で製造されており、薪の燃焼をコントロールする薪ストーブもあります。
再生可能エネルギー、自然エネルギーというと、太陽光発電や水力発電、風力発電という電気に変換できる自然エネルギーが頭に浮かびます。近年オール電化住宅が注目されていますが、しかし、薪はもっと電気や化石燃料を減らすことができるのではないでしょうか。
連日のように取り上げられる「環境問題」、美しい地球をどのように守っていくべきか、私たちにとって、未来の子どもにとっても、とても重要な課題です。
中でも身近な問題なのが、便利な社会を維持していくために使われている燃料、暖房燃料のほとんどが化石燃料で地球上にCO2を排出し続けているのが現状です。
一方、薪ストーブの燃料は森林再生時に出る間伐材や雑木を使った環境に優しい木でCO2の排出が少ないクリーンなエネルギーです。
北欧に匹敵する森林を保有している日本、森と深く関わっている私達鳥取県の身近にある森林から分けてもらう木質のエネルギーを使うことで、はじめて分かる暖かみをみなさんに体験していただきたいと思っています。
性能だけではなく、普段の暮らしの中でいろんな活用方法があり、家族の将来、未来のためにも優れた薪ストーブを暖房器具として選んでみてはいかがでしょうか。